審神者はどんな気持ちでチャネリングしているのか

昨日のブログ

 

審神者が(いや、ワタクシが?)誤解されておりまして。

 

を書いてから、

「誤解じゃなくて単に情報が行っていないだけ」

わかりにくい発信しかしてないのだから、わかってもらえるわけがない。

 

 

「鈴木は何を提供してくれる人か」が、

ぼんやりとしか伝わってない。

わかってもらうことを諦めてた。

そこに気づいて

あきらめる?

それは今、違うな、と思いなおしたのでした。

 

 

Letterpotを提供しているキングコングの西野さん、

わかってもらうための努力はすごい。

世にないものだから、説明が必要で、

説明を必要とする人があれば、詳しく説明している。

もちろん、お仕事なのだから、PRは当たり前なのだけれど

お仕事なのに、ちゃんとわかってもらうことが足りなかったなと

反省です。

 

 

見えない世界と現実の間に生きることをわかってもらうのは、

想像しにくいだろうから、わかってもらいにくいだろう。

「誰もワタシをわかってはくれない」という

あきらめフィルターをワタシ自身にはめていました。

 

 

ワタシが審神者だろうが、ジュエリーアドバイザーだろうが

世の中にはもっと複雑な職業の方はいらっしゃるだろうし

わかってもらう努力は一緒だなと。

そんなことを胸に思いつつ、眠ったわけです。

 

 

image

一夜明けて、今日。

222リーディングメッセージ&ヒーリングの

最後のおひとりまでリーディングが済んでお届けもすみました。

その最後にお申し込みのみなさまに一斉送信したメールが下記のものです。

なんとなく、少しだけでも、

どんな気持ちや心がけで、

リーディングやエネルギーワークをしているのか、

書けたように思うのです。

(文章として拙いのはお許し願います

ちょっと(いやかなり)恥ずかしいのですが、

読んでみていただけたら嬉しいです。

賛否両論あるでしょうし、

やっぱりわかんない

となることもあるでしょう。

ただ、このブログの読者様は

一欠片でもわかってくださる方がいらっしゃるのではないかと信じてブログに書き出してみたのでした。

ほんのちょっぴりの勇気です。

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

こんにちは。

鈴木 天佳子です。

本日、《222》リーディング メッセージ & ヒーリングへ

お申し込みをいただきました全ての方へ

リーディングメッセージの配信が終了いたしました。

・端的な内容の方

・抽象的な内容の方

・具体的な内容の方

・過去の清算の方

・未来の創造の方

・ヒーリングに力を入れる事が大事だった方

様々なメッセージをお届けさせていただきました。

具体的な方にはすぐに結果が現れるかもしれません。

抽象的な方、今の自分には違うと感じられた方には

少し未来に事が起き、この事だったか?と感じられる時が来るかもしれません。

こういったリーディングをする場合、必ず

ご当人のガイドスピリットにお願いをするのですが

ガイドスピリットは、「自力で経験すること」を大事にします。

口が固いとも言えます。

それは、

・この人生を身体で体験すること、

・感情を感じ切ること

・愛情(宇宙愛・人同士の愛など 全て)を受け取ること

を経験し、情報(インフォメーション)から、

宇宙全体の叡智(インテリジェンス)とするため。

結果、自らの経験を奪うようなアドバイスはリーディングさせてもらえません。

リーディングは次元と時空を、そして時間も越えて読みます。

それが、いつ顕現するのかは、正直わからない。

なるべく今すぐにアドバイスとなることを、ガイドスピリットにお願いするのですが

今、期が熟していて、このアドバイスを受け入れておくとさらに扉が開いたり

気づきになったりすることが対象なのです。

今はピンとこないことかもしれませんが、

少し長い目で感じてみていただけましたら幸いです。

時空間の術師

鈴木天佳子

 

{12AD46CC-E2EB-4620-9440-1EBA7A14C700}