レゾナンスを大切にする

 

「抽象度をあげる」耳にしたり読んだりする事が増えていませんか?

 

10年近く前に学んだ事なのですが、
最初は、説明されても、されても、どうして理解できませんでした。

わかった気にはなっても、腑に落ちていないという事なのでしょうね。

 

 

別の方から同じ事を説明していただきました。
あまり期間をあけずに。

 

説明の内容が大きく違ったのかというと、そうでもなく・・・。
でも、理解できたのです(ワタシなりにですけれどね)

なぜ、後から教えてくださった方からは、ちゃんと理解できたのでしょう。

 

ワタシが思うに、その方はリアルに「抽象度の上げ下げ」ができる方だったという事。
その言葉には、実体験のエネルギーがのっているわけです。
おそらく、それが響いて理解に至ったのでしょう。(あくまでワタシなりに)

 

推測ですが、先に教えてくださった方は、
「抽象度を上げる」という事を知識でのみ知っていただけだったのではないか?と思うのです。

 

経験者でしかわからない事、伝わらない事というのがあります。

 

エネルギーの世界は特に。

 

様々に考えられるとは思うのですが、

共振・共鳴(レゾナンス)が起こっている事も
理解へ近づく一つの作用だったのではないかと思っています。

 

 

経験者の言葉は、そこに臨場感があります。
この臨場感こそ、レゾナンス。

 

これは、遠い地に離れていようと、情報の世界では一瞬でつながります。
遠隔ヒーリングも、遠隔エネルギーワークも安心して受けてください。
23年、見えない世界とお付き合いしてきた、足跡がありますので。

 

セミナーも然りで

講師が参加者さんと、いい距離感で響き合う。

これができたなら、お伝えしたい事、学びたい事の共鳴がおこり
より内容とエネルギー情報の充実したセミナーとなるのです。

 

 

少し話が離れますが

見落としがちなところで、
情報には「礼節」という鍵もかかっているということがポイントです。

 

それなりの情報へアクセスするのは
「触れさせていただきます、ありがとうございます。」
という浮ついてない気持ちが大事。

ある種の畏れ(恐れではなく)
畏怖の念(うやまい、かしこまる)というものも大切です。

人との関係性も、丁寧にされたら
ガードをほどいて、ハートを開く事多いですよね。