千の御手、千の眼

厚かましい事を書きます。

千の御手(みて)と千の眼(まなこ)の一端を

授かってまいりました。

そして、

千の御手と千の眼を多くの方に

丁寧にお渡ししたいと思ったのです。

人の世は、人でしか救えません。

菩薩、如来の御チカラを授かっても

授かると言う言葉があらわすように、

やはり人なのです。

千手観音が1000の手を伸ばしてくださることに気づき

一人が一つの手を取らせていただき

1000人が受け取って、

その1000人が、一人に一つ

また1000人にお渡しできたなら

多くの人々が観世音の慈悲に救われる。

ワタシは、その一人になりたいと

厚かましくも思ったのです。

∙︎ ┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎ ∙︎

本当に1000本以上の御手をもたれる

葛井寺の千手観音像が

東京国立博物館におでましになられると。

少し前から聞いてはいたのです。

ですがなかなかタイミングが合わず

ぐずぐずしているうちに、3/11が最終日。

今日(3/7)を逃すと

きっと二度と直接の対面は難しい。

ものすごくザワザワする気持ちを抱えて

新幹線に乗りました。

空海の御直筆や仁和寺に由来のある

重要指定文化財や国宝たち。

見所、感じところはたくさん。

でも、今日の一番大事は千手観音像。

奥の奥に鎮座されていらっしゃいました。

∙︎ ┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎ ∙︎

博物館内であって寺院の中ではなくても

仏像がある、しらずしらずに手をあわせる方が多くいらっしゃる。

手をあわせるという姿勢をみて

「はっ」としたのです。

菩薩様、

開眼してからずっと、

いや、施主の勧進があったり、願いがあったり

彫られる前から、願われ続けているのだ。

いったいどれほどの人の願いや想いを

受け取られたのだろう。

その菩薩の強さに圧倒されました。

審神者として様々なご神仏に関わってきましたが

こんな感覚が響いてくることは初めてで

やはり神仏ってすごい。

畏敬崇拝の念を改めたのです。

∙︎ ┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎ ∙︎

浜松を出る前に、なんであんなにザワついたのか。

今ならなんとなくわかる。

厚かましくも受け取った

千の御手と千の眼の偉大さを

察知していたのだろうな、と。

∙︎ ┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎ ∙︎

セラピストだからとか

審神者だからとか、

関係なくて、

人として何かできることが

あると思うのよ。

と、世界感が書き換わったのでした。


浜松に戻ってからわかってくださる方と
こんなやりとりをさせていただきました。
やはりワタシの視点はユニークらしい(笑)