Start typing and press
Enter to search

情報空間コーチ養成講座《感情密度クラス》

ごきげんいかがですか?

人生が向上する
感情密度コンサル&ヒーリング
鈴木天佳子です。

・————————-・

・————————-・

情報空間 

空間とはいうものの、乱暴に言えば情報の塊のことをさしています。

しかも、適度に現実世界へ影響力を持った形で存在しています。

塊といっても、目には見えません。

この見え無い情報の塊が、こちらの世界へ大きく影響しているのです。

人生の質を決めているとも言えるのです。

 

 

人生はいい方向へ向けたいけれど、

難しい講座なのでしょう?

と聞かれそうですね。

「情報空間コーチ養成講座」

この講座に出られた方々は

口々に楽しかったとおっしゃっています♡

 

実際、習っていた時のワタシも

楽しいし、意識が軽くなるし、現実は動くし、

キャーキャーと楽しかった記憶しかありません。

そして、情報空間メモリーチューニングとして

ずっとセッションに取り入れてきました。

 

 

楽しすぎた結果。

講座を開き、お伝えする事ができるトレーナーになりました。

 

 

トレーナーになったわけは

再現性です。

 

どんな方でも、エネルギーに鈍感でも

ほとんどの方が使いこなせるようになり

人生の質を向上させていっている。

 

人生を楽しむ。

幸せを楽しむ。

これらをスムーズに現実化する。

 

コーチングですから、メソッドがあるわけです。

手順通り、行えばどなたでも

日常に取り入れられる。

 

セッションなどをされている方は、

セッションに組み込むことでより精度の高いものとなるでしょう。

クライアントは、こだわりから解放され、喜びに満ちていきます。

 

 

セルフで自分に使っていくことは、基本中の基本。

ご自分の中のわだかまりや、

テーマの根底にある心理的抵抗をサラッと解いていくのです。

 

開発者の高松氏はこう言います。

『科学的な(再現可能な)意識変革の手法「情報空間コーチング」は、スピリチュアルのような印象で捉えている人もいるようだが、開発の理念は反呪術性の精神に基づく。「魔術からの解放」といっても良いだろう。』と。

 

 

 

見え無い世界で起きていることを、一言に魔法というのは

可愛らしいですが、魔女でも魔法使いでも無い

普通の人が、日常生活に活かせるから、より楽しいのです。

 

これは、安全に、(ここ一番大事)

どなたでも、霊感などなくても

現実を動かせる人になれる!

 

社会に対して優しくなれる

家族に対して優しくなれる

自分に対して一番優しくなれる

 

情報空間コーチを学んだ後は

様々な視点が変わってまいります。

 

 

さらに、このクラス。

感情密度クラスでもあります。

この3次元に生きるには肉体からの情報が大事。

それを知ることで、情報空間コーチの精度がさらに増すのです。

 

 

どうぞ、ピンとこられた方。

ご参加ください。

心よりお待ち申し上げております。

 

 

◎ビジネスコンサルタントである高松芳光氏が開発者です。結果が出ないもの、再現性のないものはお伝え致しません。

◎ご自分のセッションなどでもご活用いただけるようにご指導いたします。
(一人前のエネルギーワーカーになることを指導するクラスですので、ちょっと厳しいかも。ゆるい優しいふわふわ系がお好きな方はご遠慮くださいネ!)

◎霊感の有る無しまったく関係ありません。

◎普通の主婦、OL、公務員、職業は選びません。

◎男性、女性、も関係ありません。ぜひビジネス活用の男性陣にご参加いただきたいです。

◎エネルギーの知識などなくても、本気ならまったく問題ありません。詳しくご指導いたします。

◎唯一必要なのは、「素直さ」だけです。

 

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

 

【情報空間コーチ養成講座・感情密度クラス】

2日間の講座です。

8月13日(月)11:30-17:00

8月14日(火)11:30-17:00

 

『感情密度クラス』は鈴木しかお教えいたしませんので

他の情報空間コーチ養成講座をお受けの方にも

ご参加いただければと思います。

※再受講価格でご参加いただけます

※今回は最大2名様まで

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

【ご案内】

★メールマガジン
◆鈴木天佳子 フォーチュン☆レター inner peace

★講座

◆お問い合わせフォーム
あなたのお声を寄せてください
鈴木天佳子LINE@

友だち追加

検索▶︎@uew6808l

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。